手軽なアンチエイジング法

女性

リスクを避けて理想を実現しよう

年齢と共に肌のハリや潤いは失われていくものです。特に30代から40代にかけては、表情のくせによるしわが目立つようになります。そのような人がケア用品を使用してシミやくすみを消したとしても、眉間や額に深く刻まれたしわがあるだけで全体が老けて見えてしまいます。しかしボトックス注射を受ければ、このようなしつこいしわを短期間で安全に取除くことが可能です。このボトックスとはボツリヌス菌が産生するボツリヌストキシンを成分とする毒素製剤のことです。気になるところへ薬剤を注入すれば、神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を阻害して筋肉の働きを弱め、しわを解消してくれます。エステでの施術のように効果についての個人差が少ないので長期間通う必要もありません。定期的に受ければ予防効果により、いつまでも若々しさを保つことができるでしょう。さらにしわ取りだけでなく、口元や目尻に注射して魅力的な表情を作り出すこともできます。そしてボトックスは信頼できる医師による施術と高品質な薬剤を使用すれば、副作用やダウンタイムの心配がほとんどないのが特徴です。一般的に美容外科の施術の中には、ある程度の痛みや腫れについて覚悟しなければならないことがあります。しかしこの施術方法なら注射部位が赤みを帯びたり内出血を生じたりすることはありますが、どれも数日から1週間程度で解消してしまうので、重い副作用となることはありません。しかも施術を受けたその日に帰宅して日常生活に影響を及ぼすこともなく、誰にも気づかれずに理想の自分になれるのです。これらの理由からケア用品の使用を続けるよりもボトックスを利用したいと考える人が増加しています。

ボトックスは美容外科や美容皮膚科で受けられますが、各医療機関により料金体系が異なるので、同じ目的で利用しても費用が違うことがあります。これは扱う薬剤の種類によるものです。ボトックス注射に利用する薬剤にはいくつもの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあるので目的や予算に合わせて選ぶのが良いでしょう。一般的に副作用やアレルギーの心配ないアラガン社製のボトックスビスタという薬が多くのシェアを占め、高い評価を受けています。一方、韓国製のニューロノックスや中国製のbtxaはリーズナブルな料金で利用できることから、広く利用されています。しかし中には輸入ルートが不確かなものが含まれていることがあり、品質面において若干の不安が残ります。副作用などのリスクを避けるためにも、信頼できる医療機関で受けるのが無難です。そしてボトックスは個人差はありますが、4ヶ月以上すると効果が薄れてくるので再度薬剤を注入しなければなりません。しかし何回か受けているうちに抗体が生じてしまい、思うような効果が得られなくなることがあります。使用する薬剤の種類により差もありますが、むやみに施術を受けるのは避け、あらかじめ医師と相談したうえで計画的に受けましょう。そしてボトックスを利用したことのない人にとって、最初の施術は緊張するのが当然です。事前のカウンセリングでは、遠慮せずにどんな小さなことでも質問して解消しておくことが必要です。できるだけリラックスした状態で受けるためにも口コミサイトを利用して体験談などを参考にするのが得策です。施術前後の過ごし方や各医療機関の評判まで必要な情報を得ることができるので大変便利です。

Copyright© 2019 悩みごとの解決方法や注目されている理由は何か All Rights Reserved.